採用情報イメージ

スタッフ紹介(西山美咲)

株式会社カクイックス 総務部 西山 美咲 2010年4月入社

どんなときも笑顔と思いやりを大切に

西山美咲01
総務部に所属し、主に経理業務、電話応対、来社されたお客様への対応、その他上司や先輩方のサポートをしています。学生時代からエクセル・ワードなどパソコンの勉強はしてきましたが、入社したら周りはすごい先輩ばかり。スピードがあり、知識も豊富で圧倒されました(笑)。新人だった私の教育係である先輩の白崎さんがとても丁寧に教えてくださったことが印象に残っています。今だからわかるのですが、私の入社時期は、会社の決算業務を行う一年で一番の繁忙期。白崎さんはそのような忙しさを表情には一切出さず、私の理解するタイミングを見計らいながら、とても気遣って教えてくれていたんです。皆さんが仕事を頼みやすいように、どんなときでも笑顔でいること、思いやりを大切にすること。白崎さんや他の先輩方を見習いながら、毎日勉強させていただいています。

相手の身になって話を聞くこと、応えること

八反田美咲02
学生の頃、カクイックスのトラックはよく見かけていたのですが、何の会社なのかは知りませんでした。祖母が入院することになり、お見舞いの際に病院の枕やシーツにカクイックスのロゴを見つけて、こんなお仕事なんだと。就職ガイダンスにいらしていたスタッフの方の雰囲気も良く、会社説明会での岩元社長の理念に共感したことからカクイックスを志望するようになりました。
祖母が入院して感じたことは、患者さんの“家”は、ベッドの上だということ。私たちの家は、居間も台所も庭もあるけれど、患者さんにはこのスペースだけ。その中で、できるだけきれいで快適な環境で過ごしてほしい…と自然と願うようになりました。健康な人には些細なことも、24時間病院にいる患者さんには気になることがあります。たとえば患者衣は襟まで真っ直ぐであること、シーツにしわがないこと。だから、お電話を受けるときも、その方の気持ちになって話を聞くようにしています。ある日、洗濯物と一緒に大切な物を入れて出してしまったという方がいらっしゃいました。通常のサイクルの訪問だと数日後のお届けになりますが、患者さんにとって大切な物だとしたら、一日も早く届けてあげたい。配達スタッフは無理でも、営業スタッフで近隣を回る人にお願いして届けてもらうようにしました。電話で話すだけでなく、具体的に解決できる行動に移せるよう心がけています。

ありのままに、正直な自分で勝負してください!

八反田美咲03
就職活動中、志望している企業を受けて落ちることもあると思います。ですが、自分の精一杯できることをやって落ちたときは、落ち込まないでください。その企業とは縁がなかっただけ。私は、面接ではできるだけありのままの自分を出すようにしました。もちろん落ちた企業もありましたが、カクイックスに入社できて、今、私はとても幸せです。
入社当時は、早く先輩たちの輪の中に入って、皆さんに親しまれる存在になりたいと思っていました。カクイックスでは、上司も先輩もとても優しく、社内はいつでもアットホーム。そんな皆さんの役に立つためにも、これからは親しまれるだけでなく、頼りにされる存在になることが目標です!
トップへ戻る