テレビレンタル事業イメージ

ベッドサイド情報端末

ベッドサイド情報端末のリース・レンタル

ベッドサイド情報端末のリースイメージ
入院生活にも、ビジネスホテルのような情報通信サービスをご提供できたら…。これまではテレビのみだったベッドサイドサービスも、これからはインターネット、オンデマンドの時代。ベッドサイド情報端末を通して、テレビや映画、インターネットの視聴はもちろん、お買い物サービスもご利用可能で、お体が不自由な方の利便性も向上します。電子カルテ表示や看護情報も共有でき、スタッフ様の業務効率化にも貢献。高機能端末を一斉に導入する際に不安な初期購入費用も一切不要で、定額リース料金で故障・メンテナンス時の対応まで行います。ささやかな楽しみの充実が、少しでも患者様の元気につながればと願っております。

ベッドサイド情報端末の機能

メニュー表示・インターネット
患者様向け

ベッドの上でも多彩な情報通信サービスが提供でき、アメニティの質を向上させることができます。

テレビ視聴 電子メール 売店注文 インターネット プリペイド決済 食事選択 設備案内
電子カルテ・食事選択
医療情報支援

病室で患者様の医療情報にアクセス・確認でき、医療支援の情報インフラとして活用できます。

電子カルテ 患者認証 バイタルサイン 治療記録
基本メニュー画面・病院情報
看護業務軽減

食事・排泄・移動・薬など患者様に配慮すべき情報の表示や、病院からの案内の表示など、看護業務を軽減できます。

ピクトグラム 検診記録 病院案内 ナースコール

ベッドサイド情報端末レンタルのメリット

リースシステムなので多額の初期購入費用が不要です 他院との差別化ができます 患者様の利便性が向上します 医療情報支援、看護業務軽減になります ご希望に沿ったカスタマイズも可能です
トップへ戻る